Product Development Story

「これからは小型ボールバルブの時代」
その一言から、すべては始まった

小型ボールバルブのスタンダードになった、アソーの「エースボール」は、バルブと継手の融合というコンセプトのもと、斬新な機能を持った製品として誕生。そこには先代社長の浅生和良と、社員たちのモノづくりへの熱い情熱が息づいています。


会社の窮地を救い、アソ―の次代を担う
製品開発を目指して

オイルショックにより日本全体がパニックに陥った1973年。日本経済を襲った戦後初めての大不況の波に、アソーも例外なく巻き込まれました。それまで、アソーはファンコイル用バルブの売れ行きが好調で、社員はもとより家族までも寝る間を惜しみ、フル稼働で生産を続けていました。しかし、オイルショックの到来とともに受注が激減。会社の経営は一変して危機に陥りました。その時、先代社長の浅生和良は、このように話したそうです。「コックの時代は、もう終わった。新しいニーズを掘り起こす付加価値製品が必要だ」。それまでコックと継手は別々になっており、接続作業には相当な労力と時間を擁し、流体の漏れのリスクもあったのです。また、同業他社が次々に低価格のコックを発売したことから、過当競争に陥り利益を圧迫している現実もありました。
このような状況のなか、先代社長の浅生和良は、以前から思いを温めていた新製品の開発に着手。「このピンチは、アソーの次代を担う製品をつくり出す絶好のチャンスになる。これからは小型ボールバルブの時代や!この製品が完成すると作業が簡単になり、流体の漏れも少なくなるはずや」。こうしてボールバルブと継手を一体化した画期的な製品の開発がスタートしました。

接着剤、短い雄ネジのツバ、ステムの
挿入方法など、さまざまな問題をクリア

アソ―では、以前からボールバルブと継手を一体化したボールバルブを取扱っており、小型ボールバルブも同じような構造にすればできると考えていました。「開発は簡単だ。あとは量産化でコストをいかに下げるかだけ」と先代社長の浅生和良は楽観視していました。しかし、開発作業は予想に反して困難を極めます。
まず、小型の製品だけに内部の精度とアッセンブリの質を高める必要があったため、専用のマシンを購入。ハンドルの操作性向上のために、ネジ山の細かい精度を追究しました。また、金属同士を組み合わせるために、さまざまなメーカーの専用の接着剤を試したのです。最大の課題は、製品そのもの構造。小型ボールバルブは雄ネジのツバが短く、通常の締め付けツールではつかむことができません。「専用ツールを、いますぐつくろう!」という大号令のもと、急遽ツールを開発。その問題がクリアしたことも束の間、次は"ステム"という部材の装着方法が課題となりました。ステムは通常、上側から装着しますが、今回は密着性を高めるために内部から挿入する必要があります。先代社長の浅生和良は、細かい作業は機械では難しいと判断し、熟練の職人の技術にかけることに。職人がラジオペンチでステムをつかみ、狭いバルブ内部にオーリングを利かして挿入することに成功したのです。このように、さまざまな課題が立ちはだかるなかで、その都度、先代社長と社員の創意工夫により壁を越えていきました。

個性的なハンドルデザインと、
斬新なネーミングで市場の脚光を浴びる

苦労の末、ついに業界初のボールと継手を一体化した小型ボールバルブが完成。しかし、先代社長の浅生和良は、やや物足りなさを感じていました。「従来と同じような形状のまま市場に出してもインパクトがない。扱いやすく、しかも見た目も美しい工業製品にしたい」との思いを強くし、ハンドルのデザインをフリーハンドで何度も何度もスケッチし、今のようなカタチに仕上げていったのです。デザインが仕上がると、ハンドルにアソーのコーポレートカラーであるオレンジをカラーリング。それまでにない斬新なデザインの製品が完成しました。実は、先代社長はアソーに入社する前、アパレルメーカーで勤務した経験があり、デザインに強い関心を持っていたのです。そんなユニークな発想が、後に大ヒットを生む源泉になります。
また、デザイン性とともにインパクトのあるネーミングにもこだわりました。数々の名前の候補を考案し、社員はもちろん家族にも相談。「以前からアソーの製品は"Ace"というブランド名をつけており、お客様が覚えやすく指名買いしていただくために、"エースボール"と命名したと聞いています。ちなみに、エースボールのロゴマークの"A"は、ネジ山の形からとったものです」と、現社長の浅生隆一は話します。

代理店方式で全国販売網を確立し、
ヒット商品に成長

エースボールは機能性やデザイン性だけでなく、販売形態においても新しい方法を選択しました。従来の直販ではなく、新たに代理店方式を選び、管材店や工具店ルートをターゲットに絞って営業活動を展開。「訪問先では、製品の斬新さが評価され、代理店契約を次々に締結していきました。全国の販売網がほぼ確立するのは、それほど時間はかかりませんでした」。ただ、バルブ業界は元々、保守的な体質の会社が多く、新しい製品を受け入れてもらいづらい雰囲気がありました。「当初は販売数が伸び悩みましたが、代理店様のご尽力もあり徐々に売り上げが伸び、発売から約10年が経ったころには生産が追いつかないほどのヒット商品になったのです」。このようにアソーと代理店様の強いパートナーシップにより、エースボールは小型ボールバルブのスタンダードとして成長していきました。

ライバルはエースボール。これを越える
製品を開発することが目標

エースボール発売後、一体型で初めて突出口を下に向けた製品を開発するなど、業界初の製品を次々に市場に投入。さらに、ステンレス製の"エースボール21"も、お客様のご要望に応えて開発しました。そして、ニードルバルブと継手を一体化した"チッコロ""チッコロ‐α"や、流体の逆流を防ぐ"エーチェック"なども市場に送り出しています。これらの製品は、現在は業界を牽引する製品として成長。お客様からは、「アソーは独創的なモノをつくっている」「次はどんな製品を出すのか」と、アソーへの期待はますます高まっています。その期待を裏切らないためにも、さらに製品づくりスピリットに磨きをかけ、独創的な製品を創造し続けなければならないと考えています。
「プレシャーはありますが、逆に楽しみも大きい」と話す現社長の浅生隆一。社内の開発チームのもとには、日々多くの案件が寄せられ、課題を解決するために英知を結集しています。その一方で次の時代の核となる製品開発にも余念がありません。「ライバルはエースボール。これを越える製品開発が目標です。いままでにない素材を使ったバルブなどにも挑戦していきます」。
さらに、社長の視界の先にはグローバル市場があります。既に世界で活躍する建設機械などにもアソ―の製品が使われているなかで、さらに世界市場で受け入れられる製品をつくり続けていきたいと考えています。

アソーは、小型バルブのリーディングカンパニーとしてお客様ニーズに対応する商品を開発し続けてまいります。