メッセージ

「小型バルブならアソ―」と評価され続けるために革新的な製品を創造し、挑戦を続けてまいります。

我が国が高度成長を続けていた1960年。アソ―は油面計や注油機の製造業として創業しました。その後、バルブの製造に着手し、1970年代には日本初の小型ボールバルブ「エースボール」の開発に成功。以来、エースボールやチッコロをはじめとする小型バルブは、機能性にデザイン性という価値を付加した製品として、多くのお客様に高い評価を受けています。その独創的なモノづくりの精神は、社員一人ひとりに受け継がれ、今日でも革新的な製品を創造すべく、あくなき挑戦を続けています。

また、アソ―はお客様ニーズに即応するために生産力強化にも力を注いでいます。創業以来、国内生産にこだわり、質の高いモノづくりと品質管理を徹底。高精度な製品を製造するとともに、豊富なバリエーションを規格品として取り揃え、オーダー製品にもスピーディーに対応。お客様のご要望に、ひとつひとつ愚直なまでに、お応えしてきたことが信頼につながっています。そして現在では小型バルブ分野のリーディングカンパニーとして、「小型バルブならアソー」と評価されるまでに成長させていただいております。

いま、IoTなどのテクノロジーの進化や、本格的なグローバル化の進展など、製造業は大きな転換期を迎えています。アソ―は、ますます高度化・多様化するニーズに的確にお応えするために、つねに技術力を向上し、お客様の立場で物事を考え、時代の変化に対応するモノづくりに、さらに磨きをかけてまいります。そして、「お客様にとって、なくてはならない企業」「小さいながら、なくてはならない製品」「従業員や協力会社の幸せを追求する企業」と評価されることを目指して、国内市場でアソ―製品を、より広く、深く浸透させていくとともに、グローバルマーケットも視野に入れ、力強く事業を展開していきます。これからも皆様方には、変わらぬご支援・ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

アソー株式会社 代表取締役  浅生 隆一