不良品ゼロを目指し、徹底した品質管理を行い
高品質な良品だけを厳選してお客様に提供しています。

近年、品質に対するご要望は厳しさを増し、RoHS、REACH規制などの環境対応が求められています。アソ―は小型ボールバルブのトップメーカーとしての自覚と責任を持ち、材料のトレーサビリティーから製造後の検査まで、一貫した品質管理体制を徹底。製品の品質維持・向上に努めています。

厳選された
素材

信頼性の高い材料のみを厳選して調達

材料証明書や検査成績書を迅速に発行可能

高品質の小型ボールバルブを提供するためには、材料の品質にもこだわる必要があります。アソ―は材料調達において、信頼性の高いメーカーを選別し、規格で保証されている高精度かつ高品質の材料のみを厳選して使用。また、すべての製品でロットごとにトレーサビリティー管理の徹底化を目指しています。ご要望により、成分や製造地を明示した検査成績書や材料証明書(ミルシート)の発行も可能です。

規格準拠
による検査

JISやANSI、ASME、DINなどの規格にも対応

世界各国の規格に準拠したゲージによる検査を実施

アソ―は、国内のJIS規格に準拠したゲージを使用。レギュラー品はもとより、セミオーダーやオーダー品において、米国のANSI、ASME、ドイツのDINなど、世界各国の規格にも対応できるようにしています。社内では熟練の専門検査員が、一つひとつの製品について厳正な検査を実施。検査に使用するゲージは定期的に外部機関で校正を受け、常時正確な検査を維持できるようにしています。

徹底した
出荷前検査

出荷前に全数検査を実施し良品のみを提供

全製品で作業手順書に基づいた出荷前検査を徹底

アソ―は不良品を出荷しないという信念のもと、製造段階の各工程で品質チェックを実施。最終段階である出荷前検査では、全製品の作業手順書を作成し、マニュアルに基づいた検査を徹底しています。その手順書には適正な良品の見本写真を明示し、現品と比較して目視検査できるようにしています。また、梱包については製品同士が干渉しないように緩衝材などで保護しています。